FPS視点変更はかなり使える

これ変則チューニングするときと弦張り替える時に便利。AMD gaming Evolvedにある録画システムGVRを使えば、FPSを落とさずに録画できて便利だけど、マントルだと録画できない。これいかに。betaだからしょうが無いってことか。 プレトリアンも半分近く削れる。サンシンガー多い。サンシンガーは便利。destiny は適当に進める、詰まる、いろいろ模索してこれ使うと便利みたいな気付きがあって先に進める。みたいなのが面白かったな。FPS に慣れてる人には常識みたいなことにイチイチ感動してた。(グレネードとか照準とかスナイパーライフルとかまず安全地帯まで逃げる隠れるとか)敵に向かって歩く時モーションが変わる 敵がbushに隠れてて視界が無くてもモーション変わるからinvadeする時とか便利。コレ絶対便利だよな。PS系の時には、肘もフリーにしたいがダクソとか、そっち系だったら絶対にコレ便利だわ。FPSとかだと便利なんだよな。

視点は3までものがEDFに一番合っていたと思う。FPS視点に変更できるのであればこの視点は便利だけどTPSはちょっとな。FPSだと背後の音に気づけるから便利。5.1chホームシアターあるけどよくウルサイって言われるんだよな。bioshockってホラーFPSやってんだけどクッソ怖い。原作前欲しかったけど便利だからiPhoneでとった。LogicoolのG500がかなりいい。日本人の手には少し大きいけど、グラム単位で重さを調整でき、センシも調整でき、サイドキーかついていてブラウザバック等がとても簡単で便利だからオススメ。FPSやアクション、MMOでもIDや戦争とかは通話の方が断然イイですもんね。最近の若い人は初対面で即連絡先交換とかいきなり通話とか全く抵抗無いようで、確かにその流れはあると思な。でも、便利なのは解ってるけど。「まず通話ありき」だと避けてしまう。地味にFPSでも便利。「武器切り替えぐらい数字キーでいいだろwww」って思われそうだし、実際にそうではあるんだけど、ゲームによっては微妙な武器が6キーとか7キーに設定されたりする。